記事と関係ない広告をべたべた貼ると損、アドセンスとは何が違う

記事と関係ない広告をサイトに貼っても良いかという質問を時たま受けることがあります。

私も初心者の頃、せっかっく記事を書いたんだから何か広告を貼っておかないと損なんじゃないか

ダメ元で、貼っておいても損は無いだろうとべたべた広告を貼ったことがあります。

ところが、適当に貼った広告からの報酬はほとんど発生しませんし、それどころかSEO上、損になるだけです。

というと、少し勉強した人なら、アドセンスの広告は自動的に広告が出るけど結構クリックされているんじゃないという疑問を持つ人もいるかも知れません

でも、適当に貼った広告とグーグルアドセンスの広告は全く別のものです。

この辺りの所を少し詳しく解説してみたいと思います。

アフィリエイトの広告って思ったほどクリックはされない

例えばあなたが正しいシャンプーのやり方を知りたいと思って検索して出てきた記事を読んでいるときに

全く知らない興味も無い「バラシャンプー」(適当に作った架空のシャンプーです)の広告が出てきたときにその広告をクリックするでしょうか

広告だらけのサイト

多分、無視するだけで

サイドバーなどに出ていればまだしも、記事中に大きく表示してあれば

邪魔くさいなと思うのではないですか

もちろん、たまたまバラシャンプーのことが気になっている人が

正しいシャンプーのやり方を調べているうちに

バラシャンプーの広告が目に入ってクリックする可能性は0ではないですけど

可能性としては1000人に一人ぐらいじゃないでしょうか

それでも、クリックした人がバラシャンプーを購入してくれたらめっけもん

広告を出さないよりましじゃない?と考える人もいるでしょう

でもバラシャンプーの広告を表示することはメリットだけではありません

そのサイトを訪れた人があちこちに広告が貼ってあれば、記事が見にくくなりますし、ウザイサイトだなと感じてしまいます。

サイトの印象としても、広告のほとんど貼ってないサイトの方が、気持ち的に信頼できそうな気がします。

今時はアフィリエイトについて知っている人も増えていますし、いかにも広告だらけってのは商売っ気が見えて信用度が落ちるんじゃないでしょうか

そもそもアフィリリンクは発リンクになって、サイトのパワーが落ちますし

「シャンプーのやり方」と「バラシャンプー販売ページ」って記事の内容が結構異なりますから

関連の低い記事へのリンクはGoogleさんの評価もマイナスになりやすいです。

広告だらけだとクリックされるか疑問

しっかり商品を紹介していないときの広告クリック率は驚くほど低い

しっかり商品を紹介していないときの広告クリック率ってのは驚くほど低いです。

私もそうですが、アフィリエイトってどんなものが分からないときには

適当にアクセスが集まる記事を書いて、適当に広告を貼っておけば一定の割合で商品が売れると勘違いしています。

でもアフィリエイトをやっていれば分かりますが

しっかり商品を紹介していたとしても

かつ商品購入の意思がある人をサイトに集めても広告のクリック率は10%程度のものです。

(もちろん誘導が上手な人はもっと高い場合もあります)

注:商品購入の意志がある人をサイトに集めるとは

例えば「シャンプーの正しいやり方」という記事にアクセスしてきた人にバラシャンプーの広告を出してもほとんど反応はないですが

「バラシャンプーを格安で購入する方法」という記事にアクセスしてきた人なら、バラシャンプーを購入しようと考えている人がほとんどでしょうからバラシャンプーの広告をクリックする確率は高くなります。

また記事に関係ある商品ならいいのじゃないかと思う人もいるかも知れませんが

ピンポイントでその商品を紹介していなければ、適当に関連ありそうな商品を並べてもまずクリックされることはありません

テレビを観ている人

とにかく広告を貼っておけば、無いよりましと考えるのはテレビの影響もあると思います。

テレビでは不特定多数の人に様々な広告を垂れ流しています。

化粧品のCMを流しても、その広告(商品)に興味のある人は100人に一人もいないと思います。

因みに、アフィリエイトが重宝されるのは成果が発生(商品が売れたとき)したときだけ報酬を払えば良いので

広告を出す側としては非常に都合の良い広告の出し方で、逆に、効果があるか無いか分からないテレビCMに広告を出し続けられるのは

広告に大金をかけられる大企業に限られます。

こういう贅沢なテレビのCMをみていると、ついつい、アフィリエイトでも同じような事

・・不特定多数の人に広告をばらまけばそれなりに効果があるだろう

というような錯覚をしてしまいがちです。

ところが個人のブログなどを使ってアフィリエイトをしている限りそのような贅沢な資源の浪費をしても、ほとんど効果が無く

もっと、ターゲットを絞ったピンポイントの広告(アフィリエイト)をする必要があるということに気が付きにくくなってしまいます。

アドセンスで稼いでいる人

グーグルアドセンスの広告がクリックされるのは理由がある

ご存知の方もいると思いますが、グーグルアドセンスの広告は適当に出ている訳ではなく

サイトを見ている人の過去のサイト閲覧履歴を分析して、本人が興味を持つであろう広告を選択して出しています。

私らが適当に張っている広告と違って、一見見ているサイトの記事とは関連が無さそうでも、その前に色々調べていた商品の広告が出ていたりします。

これは実際に経験されている場合もあるかと思います。

バラシャンプーについて色々調べていた後、ふと思いついて旅行サイトを見ていてもバラシャンプーの広告が出てくるというようなことは経験することもよくあると思います。

だからグーグルの広告は結構クリック率が高く報酬ももらえる仕組みになっています。

これについては

私が昔、アドセンス広告を使っていたサイトが、事情があってアドセンス広告を貼れなくなって、別のクリック保証型の広告を貼ったところ、報酬は1/20程になった事からも

アドセンスがいかに効率の良い広告を行っているか分かる例だと思います。

まとめ

初心者のうちは下手な鉄砲数打ちゃで、無駄に広告を貼りがちですが

記事に関係の無い広告を適当に貼ってもほとんど報酬にならないばかりか

かえってサイトのイメージを悪くしたり、SEO上も悪影響があったりします。

アドセンスの広告がクリックされるのは、過去の閲覧履歴を活用して、見ている人が興味を持ちそうな商品の広告を出しているからで

アドセンスの広告は他の広告に比べて圧倒的に効率が良いということを理解しておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする